スクリューポンチ替刃

替刃
【拡大画像】
スクリューポンチ
【拡大画像】
野中製作所製

左下写真のスクリューポンチ専用の替刃です。

  • 切れ味抜群の【野中製作所製】
  • サイズは1.0mm〜5.0mmまで9種類
1.0mm〜5.0mmまで全サイズ9種類

スクリューポンチ[替刃2付き]はこちらから

大きいサイズ(3.5mm〜5.0mm)を使う時の注意点

穴のサイズが大きくなれば上から押した時の回転力が増すため、穴をあけたい生地も一緒に回転してしまいます。⇒きれいに穴があきません。
生地が回転しないように、必ず生地を指先等で固定してから押してください。

商品名スクリューポンチ替刃
商品コードB-02_01N
販売価格(税込)
¥648
 1.0mm
 
¥540
1.5mm 2.0mm 2.5mm
3.0mm 3.5mm 4.0mm
4.5mm 5.0mm
配送宅配便可メール便可
サイズ
数量

お買い物について

  • サイズと数量をオプションメニューで選んでください。
  • 他のサイズをご注文される場合はカゴに入れるをクリックして1種類をご注文後お買い物を続けるをクリックしてこのページに戻ってから再度お買い物をしてください。
  • 替刃は繊細な商品ですので返品・交換はお受けしておりません。
  • サイズ間違いがないようお気を付けください。

«ヨシミ»のテクニック講座

☆1.0mm・1.5mmのスクリューポンチをパターンノチャー替わりに使う☆

【テーラードジャケットの前身頃の縫代付き型紙】を使って

製図用紙は破れにくい【アイロンがかけられる製図用紙】をオススメします!

合印を入れる箇所

青○の箇所の穴あけ① で囲んだ所に合印を入れます。
の箇所は右写真のように縫代の端に穴を開けます。

の箇所の穴あけ位置は製図の線上です

の箇所は縫い合わせる時に必要なポイントです。後で合印を入れる時に製図用紙が破れてその位置が分からなくなるのを防ぐために先に穴を開けておきます。

スクリューポンチを軽く握り込んで真上から押えます

② スクリューポンチを軽く握り込んで真上から押えます。

生地の上に型紙を置き型紙通りに丸刃のカッターできれいに裁断します

③ 生地の上に型紙を置き、型紙通りに丸刃のカッターできれいに裁断します。こんなにきれいに裁断できました!

④ の箇所は型紙に空いた穴の真上からスクリューポンチで穴あけをします。⇒生地にも合印用の穴があきました。

穴の真上からしつけ糸を使って印を入れます

印を入れた状態⑤ の箇所は穴の真上からしつけ糸を使って印を入れます。上から針を入れて下で抜くだけの作業です。上下共2cmぐらい糸が残るようにして糸を切ります。
※この時、出来るだけ裁断した生地と製図がずれないように注意してください。

全て印が入れられました

⑥ 全て印が付けられました。

しつけ糸を引き抜かないように型紙をソーッとめくります

⑦ しつけ糸を引き抜かないように型紙をソーッとめくります。

しつけ糸を短く切ります

⑧ 左写真のようにしつけ糸を短く切ります。表が終われば裏側も同じように切ります。⇒印の上を指でキュッキュッと押えます。⇒これで印が抜けにくくなりました!

top